レッスンの風景(姿勢編)


 

どうも、神田研司です。

 

たまにはレッスンの風景など。

ありがたいことに、TAGのレッスンを受講しにこられる方は明確なビジョンを持っている方が多くいらっしゃいます。

事前ヒアリングを通して「どんな音が出せるようになりたいか」「どんなスタイルで演奏できるようになりたいか」といったビジョンを共有・確認し、必要に応じたレッスンをデザインします。

 

例えば、Sくんの場合。

彼は【なるぞ!表現豊かな低く構えるギタリスト】という明確なコンセプトがありますので、まずは低く構えて頂きました。

使用前

2016-03-09 15.27.49-1

指板を覗き込んでいるため、猫背になってしまっています。

そこで姿勢のポイントをいくつか修正。

使用後

2016-03-09 15.27.56-1

おわかりになりますでしょうか?

というか一目瞭然ですね、非常に姿勢が良くなり、見栄えも良くなりました。それだけでなく、肩こりやケガなども回避できるようになります。

 

その上で「表現力豊かな」プレイの為には、まず土台となる右手のピッキング、左手のフィンガリング強化も必須になります。

その前にまず、ハードなトレーニングに耐えうるよう、疲れず、かつ自然に演奏できるフォームをレクチャー。

2016-03-09 15.39.53-1

 

いいですね。背筋が伸びて、右肩が不自然に上がっていません。

ギターを弾いているとどうしても右肩が上がりがちになるのですが、それが疲れ、肩こりや頭痛の原因となります。

長くギターを愉しむために、正しい姿勢を覚えるというのはとても大事なことです。

 

と、今日のところはこの辺で。

もっと詳しく知りたい方は TAG Music School までお問い合わせください。

 

それではごきげんよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です