ソナチネ

27. 10月 2017 Blog, Daily 0

 

どうも、神田研司です。

 

ちょっとしたきっかけで、映画「ソナチネ」を鑑賞しました。

1993年の北野武監督作品です。

現在「アウトレイジ最終章」が上映中ですね。

「ソナチネ」もいわゆるヤクザ映画ですが、音楽も非常に良くて叙情的な映像も美しい、良い作品でした。

エンドロールを観ると、音楽監督が久石譲先生。納得の素晴らしさです。

作品の舞台は沖縄。

一貫して北野武監督の世界観ですが、1993年の作品だけあって、80年代後半から90年代後半につながる時代の空気、「狂気」に対する刹那的な憧憬が印象的です。

 

話が逸れますが「龍が如く3」は本作品のオマージュになっています。

龍が如くはシリーズを通して、過去にヒットしたヤクザ映画のネタをよく研究し、シナリオや世界観を構築しています。売れる作品には理由がありますね。

龍が如く6でたけしさんが出演された背景には、そういった作品に対するリスペクトもあったのでしょう。

 

しかし作品のテイストは現代風になっても、ビートたけしさんの「バカヤロー!」はまったく変わりませんね。

 

 

それではごきげんよう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です