リップヴァンウィンクルの花嫁【映画】

02. 11月 2017 Blog, Daily 0

 

どうも、神田研司です。

 

 

岩井俊二監督「リップヴァンウィンクルの花嫁」を観ました。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」公式サイト

↑音出ます。注意。(本当にやめて欲しい。時代遅れ過ぎ)

 

上映時間なんと180分。

いまどきこんな長編も珍しいですね。2016年上映ですから昨年の作品です。しかし、世界観を描き切るためにも、現実感から離れて没入させるためにも必要だったのでしょう。

内容は、完全に岩井俊二ワールドです。純粋さの持つ残酷さと、永遠性に包まれた、儚く美しい現代のおとぎ話。

 

なにより印象に残ったのは、主演の黒木華(華=はる、って読むの知ってました?)さんの声です。

その美しさは語るまでもないですが、その演技力、表現力、なにより声のコントロールが卓抜しており、主人公のキャラクターを完全に表現しきっています。

 

不思議な感覚になるのは、鈴木杏さんや蒼井優さんよりも年下である黒木華さんが、彼女たちより歳を重ねた時代の姿を演じていることです。

岩井俊二監督の世界は、永遠の憧憬の世界です。

その岩井俊二ワールドの時計の針が少しだけ進んでいるので、そのような印象になっているのでしょう。

そのあたりが、3.11を経た後の世界の変化、つまり永遠性の中にとどまっていられなくなった部分、と言えるのかもしれません。

こういう長編映画を鑑賞する余裕や豊かさは、たしかに失われてきているようにも感じます。

 

かなり長い映画ではありますが、映像も音楽も美しく、良い作品だと思います。

 

それではごきげんよう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です