冗談のつもりだった?

23. 10月 2017 Blog, Daily, Photo 0

 

どうも、神田研司です。

 

 

台風も過ぎ去って、東京は久しぶりの快晴でした。

嵐の後は空気が澄み切って気持ちがいいものですね。

 

さて、今日は言葉について。

 

衆議院選挙も終わりましたが、今回の選挙はまさに象徴的だったのではないでしょうか。(政治的主張については触れません)

 

とある政治家は、一瞬の油断から発した一言が大敗の因となりました。

また別の政治家は、窮地から生み出したひとつのキャッチフレーズで難局を乗り越えました。

 

言葉というものは、使い方次第で未来を開く利器にもなれば、己を切り裂く刃物にもなり得るのです。

 

もっと小さな単位である、日常の生活に置き換えてみても、それは同じことです。

 

ほんの一言、冗談のつもりで発した言葉が、相手の心を傷つけてしまった。その傷は、もう取り返しがつきません。

そして大抵の場合、傷ついたことすら教えてもらえません。

 

ただそっと、心が離れていくだけです。

 

責任ある立場にある方ならば、そのリスクはなおのこと大きくなります。冗談でも相手を貶めるような発言は、控えたほうが良いでしょう。

 

美しい言葉もあれば、卑しい言葉もあります。

 

たった一言の戯言が、相手のやる気を削ぐ。

たった一言の励ましが、相手の心を豊かにする。

 

以前にも書いた通り、言葉は心の器です。

 

とはいえ美酒を注ぐのに、わざわざ粗末なグラスを選ぶことはありませんよね。中身の魅力も半減してしまいます。

 

建設的な批判も含め、できるかぎり良い言葉を発して、発展的に、創造的に、価値ある時間を生きていきたいものです。

 

それではごきげんよう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です