味仙について


 

どうも、神田研司です。

みなさんはきっとご存知でしょう。名古屋名物の台湾ラーメン。書いてるとなんのこっちゃ、という感じがしないでもないですが、有名になりましたよね。

その代表的な名店、味仙に行かれた方も多いのではないでしょうか?最近は東京にも支店が出来て、私もいつ足を伸ばすかと思案していました。

そうこうしているうちに、なんと!

カップ麺になってました。

お店よりも早く、カップ麺への遭遇です。

早速頂いてみましたが、、これが実に美味い!

辛味と旨味のバランスが良く、カップ麺としてはかなりのクオリティではないでしょうか。お店の味を知らないので再現できているかはわかりませんが、商品としてとてもいいクオリティです。

お店に対する期待値が一気に急上昇しました。

しかし、読み方がどこにも書いてないんですよね。そして調べて、衝撃を受けました。

 

「ミセン」

 

と読むんですね……

 

「あじせん」

 

だと思ってました…無念…

 

 

それではごきげんよう。。。

 


1 thought on “味仙について”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です