太いにもほどがあるだろう

19. 9月 2017 Blog, Daily, Gear, Photo 0

 

どうも、神田研司です。

 

これ、以前ツイッターでつぶやいた画像なんですが、

左、、ものすごくでっかくありません?

ギターのブリッジ調整には六角レンチを使用します。弦を乗せる部分をサドルといいますが、そのサドルの高さなどを調整するのに使うのが、右のサイズです。ミリ規格とインチ規格があって微妙にサイズが違いますが、大体このくらいの大きさです。

左はこれまでギターをいじってきて、使ったことがないサイズです。

正直、こんなものを使うところがあるのだろうか?という感じでした。

しかし、これを必要とする箇所があったんですね。

 

ズバリ、ネックです。

 

ネックにはトラスロッドという金属の棒が仕込まれていまして、湿度や気温による変化に対応できるようになっています。

それを調整するためのレンチです。

しかし、、でかい。

この画像のレンチは、7ミリというちょっと特殊なサイズです。

セットで購入しようとしても、大体が偶数ばかりで、ようやく見つけて注文したのです。

届いてあまりにもデカかったので、シンプルにそれに驚いてしまいました。

MacBook Proのスペースバーが短く見えますからね?

わかりにくくて申し訳ありませんが、、やっぱデカいよ。

 

それではごきげんよう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です