曲になる


 

どうも、神田研司です。

先日のレッスンでの一コマ。

コードを押さえられるようになり、コードチェンジもできるようになってきた場面。

「だんだん曲になってきた!」

との言葉が響きました。

これって、とても興味深いことですよね。

 

単体の音、単体の和音だったものが、連続性を得ることによって、曲になっていく。

それを体感できる素晴らしさ。

 

この感動は、ある意味では、これから弾けるようになっていく方々の特権ではないでしょうか。

 

自分の奏でた音が、曲になっていく。

 

当たり前のように演奏できるようになっても、その喜びを忘れたくないものです。

こういうことは、あまり多くを語らない方がいい気がしますので、この辺で。

 

それでは、ごきげんよう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です