理想と現実とか夢とか希望とか

01. 5月 2012 Daily 0

理想を手放してしまった人は

理想を持ち続けている人が羨ましいのか妬ましいのか

「理想と現実は違う」なんて

当たり前すぎることをしたり顔で言われることも多いけど

そもそも違うから

それぞれに名称を与えられているわけで

吐気がするような現実を知ってもなお理想を求め

堂々と前を向いていられるかが大事で

真の理想とは

現実という泥沼に咲く蓮華のようなもので

傍観しながら叫ぶものじゃない

努力を重ねてその気に入らない現実をひっくり返したら

ほら、実現だよ

夢という言葉は嫌いだという人もいるけれど

僕は夢や希望や情熱や誓いという言葉が好き

許しがたいのは

腹の底ではそんなこと微塵も思っていない連中が

純粋な子たちを騙すためにこうした美しい言葉を使うこと

そうした奴らの手垢に汚されちまって

嫌いになる人が出てきたんだろう

純粋な希望を叫べば叫ぶほど

空虚に響く時代のなかで

その現実の泥沼の中で

それでもなお笑って希望を歌える人でありたい

言論や音楽という小さな石つぶてで

善良な人を苦しめるものと戦っていきたい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です