直感を信じること

17. 5月 2016 Daily 0

 

どうも、神田研司です。

 

サウンドシステムの構築をしていると、改めて感じます。

結局最後は自分の耳で判断するわけですが、そこを信じることができるかどうかだなと。

評判が良い機材だから、とか、誰かが良いと言っていたから、とか、手元でいくらでも情報が手に入る時代です。

でも、結局本当のところは実際に音を出してみないとわかりません。

誰かの言葉や、ビジュアルや、イメージに左右されず、最後は自分がいいと感じたものを信じることが出来るか。

それだけなんですよね。

一昔前に比べたら、良い機材はそれこそ巷に溢れてます。

もうこれくらいでいいだろうと、妥協することも簡単です。また妥協しても、それほど悪いものにはならないかもしれません。

でも、それでも妥協しないで突き詰めることができるかどうか。

そういうことが困難かつ、より大事な時代になったなと感じます。

情報の大洪水に、好みも趣味も、それこそ人格まで流されていきそうな時代になっているからこそ、自分自身の中に確たるものを持っているかどうかが大きな差。

道具ひとつの選び方にも、思想が表れます。スタイル、奏法、すべては表現。

それは生き方の問題ですね。

 

 

それではごきげんよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です