鳴りと素材と

03. 11月 2017 Blog, Daily, Gear 0

 

どうも、神田研司です。

 

個人的な趣味で、よく鳴るギターが好みなんですが、そのせいか使っているうちにどんどん鳴りが良くなってきます。

先日入手したジャズマスターも、Mastery Bridge 効果も大きく、かなりボディが鳴るようになってきました。

やはり自分の弾き方、鳴らし方が、だんだんとギターに反映されてくるのでしょうね。

どれも共通した響き方、鳴り方をしているように感じます。

 

しかし、鳴りが良くなったからといって、元から持っている音質が劇的に良くなるというわけではありません。そこは素材なのか作りなのか、本来持ち合わせたものが大切です。

ただ良いパーツを集めただけで良いものができるわけではないのですが、それなりのパーツを使用しても、木部の材質相応の音になるのもまた真実です。

大事なことは、自分がそこになにを求めているか、ということを理解していることでしょうね。

演奏するジャンルによって、それぞれふさわしい音があります。

そこがまた、音楽の楽しいところでもあります。

 

突然ですが、毎日更新は今日でおしまいです。ちょっと忙しくなってきたので。なるべく更新したいと思いますが、気長に見守って下さい。

 

 

それではごきげんよう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です