ZOOM G3nのアンプモデリングを試してみた(クリーン編)

10. 9月 2017 Blog, Daily, Gear 0

 

どうも、神田研司です。

 

レッスン終わりに少し時間が取れたので、以前紹介したG3nのアンプモデリングサウンドを試し、軽く録ってみました。

G3nは普段、アンプモデリング機能をほとんど使っていませんので、実際どんなものなのか、物は試しです。

接続順はこんな感じ。

 

Guitar→G3n→Mixer(I/F)→Mac(Logic9)

 

とりあえず、クリーンサウンドで「Fly me to the moon」の一節をちょろっと弾いてみました。

・モデリングアンプ

「FD B-MAN」Fender Bassman(’59)モデリング

・モデリングキャビネット

「FD2×12」Twin Reverb(’65)モデリング

※12インチのJensenスピーカーを2発搭載したスピーカーキャビネット。

 

・バッキング

モデリングアンプ+キャビネットのみ。

・リード

モデリングアンプ+キャビネットに加え、

オーバードライブ「TS Drive」(TS-9モデリング)

ディレイ「AnalogDly」

リバーブ「Hall」

※各数値はほぼデフォルトのまま。

 

録りっぱなし未加工の音。

 

全体にReverbだけ掛けた音。

 

いかがでしょうか?

スマホで読まれている方は、イヤフォンで聴いて頂けるとわかりやすいかもしれません。

とりあえず素の音色が確認できればというレベルで恐縮ですが、その分、実際に検討している方にはわかりやすいかと思います。

また時間ができたら歪みの方もチェックしてみたいと思います。

 

それではごきげんよう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です